080-2277-8675

ブログ

2018/07/24(火)

坐骨神経痛が梨状筋の影響で引き起こしているかを判別する方法?【埼玉越谷 たすき整体院】

カテゴリー:坐骨神経痛, 慢性腰痛

 

 

坐骨神経痛と梨状筋の関係について・・・

 

みなさん こんにちは

埼玉県 越谷市 たすき整体院 院長 山口拓也です。

 

今回は、梨状筋と坐骨神経痛の関係性について解説させて頂きたいと思います。

 

 

【坐骨神経痛について】

坐骨神経痛とは、簡単に話すと坐骨神経が圧迫して引き起こる症状の1つです。

 

あくまで、症状であり疾患ではありません。

 

坐骨神経という神経が圧迫して痛みや痺れが生じている状況が坐骨神経痛です。

 

では、問題は坐骨神経が何が圧迫しているのか?というのが問題です。

 

ここで、重要なのが梨状筋です。

 

梨状筋は、仙骨から大腿骨に付着している筋肉で坐骨神経との関係が深い。

 

梨状筋は、大坐骨孔という場所を通って仙骨から大腿骨に付着します。

 

それにより、梨状筋上孔と梨状筋下孔の空間が生まれそこに神経や動脈が通ります。

 

 

(梨状筋上孔に通るもの)

・上殿神経

・上殿動脈、静脈

 

(梨状筋下孔に通るもの)

・下殿神経

・下殿動脈、静脈

・坐骨神経

 

この梨状筋下孔に通る坐骨神経が、梨状筋により圧迫するため引き起こす坐骨神経痛が結構多いんです。

 

そのため、坐骨神経痛をどのようにして改善するかは梨状筋を緩ませる・・・

 

ただそれだけで、治せるケースが非常に多いです。

 

では、どうすれば梨状筋を緩ませられるのかを下記の動画にて解説してますので

 

ぜひ、実践していただければと思います。

大殿筋、大腰筋セルフメンテナンス紹介 【リハビリ 筋膜リリース 腰痛 理学療法士】
f5251000人以上のセラピストが見ているメルマガ!f525 ↓有料レベルのメルマガを無料で配信しております↓

大殿筋、大腰筋セルフメンテナンス紹介 【リハビリ 筋膜リリース 腰痛 理学療法士】

梨状筋症候群を見極める方法について 【坐骨神経痛 腰痛 セミナー リハビリ 整体院】
f5253000人以上のセラピストが見ているメルマガ!f525 ↓有料レベルのメルマガを無料で配信しております↓

梨状筋症候群を見極める方法について 【坐骨神経痛 腰痛 セミナー リハビリ  整体院】

 

【梨状筋が坐骨神経痛を引き起こしている?】

 

梨状筋が坐骨神経痛を引き起こしていることが全てではありません。

 

そのため、見極めが重要となってきます。

 

では、どのようにすれば見極められるのか・・・?

 

それは、以下の4項目に当てはめて見てください。

 

①臀部に痛みや痺れがある

 

②座っていると痛みが強い

 

③梨状筋の部分(お尻の真ん中)を押すと痛みが増悪したり、減ったりする

 

④足を組むと楽になる

 

以上が4項目です。

 

当てはまった場合は、梨状筋が坐骨神経痛を引き起こしているケースがあります。

 

 

もしあなたが、本当に坐骨神経痛でお悩みなのであれば当院にご来店いただければと思います。

 

埼玉県 越谷市 たすき整体院 院長 山口拓也

 

(院長 プロフィール)

ALLアプローチ協会(代表 プロフィール 漫画編) 【リハビリ セミナー 理学療法士 柔道整復師 作業療法士 セラピスト】
f525メルマガ登録:今なら6980円相当のPDF &教材無料プレゼント↓f525

ALLアプローチ協会(代表 プロフィール 漫画編) 【リハビリ  セミナー 理学療法士 柔道整復師 作業療法士 セラピスト】

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-2277-8675

【受付時間】8時~22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。お名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。