080-2277-8675

ブログ

2018/02/22(木)

尾骨筋治療による腰痛改善方法とは?【越谷 筋膜リリース】

カテゴリー:慢性腰痛

 

尾骨筋治療による腰痛改善方法とは?【越谷 筋膜リリース】

最近は、寒い日が続いておりますので

風邪には注意してい下さいね!

インフルエンザも流行っておりますので。

 

越谷市 腰痛専門整体院 院長 山口拓也と申します。

今回は、ここ最近の患者様で尾骨筋が原因の腰痛患者様が来店して下さったので

その症例を報告しつつなぜ尾骨筋が腰痛の原因となってしまうのかを解説していきたいと思います…

 

【なぜ、尾骨筋が腰痛の原因となるのか?】

まず、尾骨筋はどこにあるのか…

それは、尾骨の外側部分についている筋肉です。

正式に言うと尾骨と坐骨結節周囲に付着していますね!

 

案外、治療の頻度は少ないのですが20人に1にくらいいらっしゃいますよ!

ポイントとしては、ハムストリングスとのつながりがあります。

なので、長座体前屈がハムストが硬くてできない人で腰痛の場合尾骨筋が原因の可能性もありますね!

 

なので、治療する際はハムストと尾骨筋を同時治療する必要があります…

尾骨筋の柔軟性を出す、滑走性を出すためには坐骨に付着しているハムストを治療します。

 

もしくは、尾骨そのものを治療することもできます。

具体的には、尾骨を把持して左右に揺らすことで治療できます!

もしくは、前方に押し切ることで尾骨筋をさらにリラクゼーションすることができます。

 

尾骨筋は、骨盤を後傾方向に動かす作用を持っているので

骨盤を後傾すると勝手に尾骨筋が緩んできます。

 

ご自身で尾骨筋をセルフメンテナンスする場合は、仙骨を後傾しながら尾骨筋をマッサージするとさらに緩んできますので

ぜひ行っていただくと良いと思います。

 

以上!腰痛改善のための尾骨筋治療でした…

 

 

※たすき整体院の治療に興味がある方は、院長の山口がセミナー中に治療をしている動画をのせておきますので
腰痛治療のイメージがつかない方はぜひ見て頂ければと思います!↓

横隔膜テクニック+肝経治療
ALLアプローチ協会 (一般の方もぜひ!)

横隔膜テクニック+肝経治療

 

埼玉県越谷市 慢性腰痛専門 たすき整体院 HP(クリックしてください)↓
http://tasukiseitaiinn.com/

院長が代表として活躍している協会はこちら↓(理学療法士、作業療法士、柔道整復師の方向け)
一般の方もセミナー参加お待ちしてます。
http://allapproach1.com/seminar01

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-2277-8675

【受付時間】8時~22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。お名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。