080-2277-8675

ブログ

2017/11/16(木)

足のしびれが強い方へ 痺れの最大の原因とは?【越谷吉川 ヘルニア たすき整体院】

カテゴリー:慢性腰痛の治し方

 

足のしびれが強い方へ 痺れの最大の原因とは?【越谷吉川 ヘルニア たすき整体院】

皆様、いつもブログを読んで頂き本当にありがとうございます。

前回は、血糖値を下げるためには?
というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ
https://goo.gl/Nwv5ax

埼玉周囲の春日部、三郷、吉川、松戸、越谷から腰痛と痺れの患者様が来店しているので
本日は、下肢の痺れ最大の原因とは?について書かせて頂こうと思います!

 

【下肢の痺れの原因集】

1つ目として、斜角筋が下肢の痺れに関与しております。

頸部の筋肉なのに、足にしびれが出るの?と言わると思いますが

頚髄や腕神経叢などの圧迫で遠位部にしびれが出ることがあります。

これを

ロングトラフトサインと言います。

ふくらはぎや太ももの痺れが斜角筋からくることが多いです。

※手の痺れ、肩こり、首痛などがあると斜角筋の原因が高いです。

 

2つ目として、前脛骨筋(TAともいいます)です。

ここが、下肢の痺れになることも非常に多いですね。

前脛骨筋は、下腿が広がっている状態だと(腓骨が下がっている)前脛骨筋に負担がかかりやすく

痺れとして出る患者様非常に多いです。

特に前脛骨筋の近位部が筋硬結が出やすいので、

前脛骨筋の中の近位部を見て治療してみてください。

 

3つ目としては、大腰筋です。

大腰筋は人体の中でも最大級で大きい筋肉です。

ここが、神経を圧迫して下肢にしびれが出ることが非常に多いですね。

特にヘルニアの痺れは大腰筋由来のことが非常に多いです。

ヘルニアの痺れは、下腿後面であったり臀部の後面であったり…大腰筋の治療でここが改善します。

大腰筋というのは、椎骨の横突起と付着しておりますが大腰筋が脊椎をずらして

ヘルニアという診断を受けている患者様が多数です。

大腰筋が短縮傾向、もしくは筋硬結により腰椎が前弯してしまい

椎間板が後方に突出してしまうことが非常に多いですね。

 

4つ目としては、梨状筋や大殿筋です。

ここが、しびれ出てしまうことが非常に多いですね。

特に梨状筋が坐骨神経を圧迫してしまうことが非常に多いですね。

梨状筋だけでなく、臀部全体のゆるみを作る必要性があります。

大殿筋、中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋、梨状筋などの深層外線6筋、仙腸関節付近をしっかり緩めて神経、血管の圧迫を無くす必要があります。

※他にも非常にたくさんありますが、今日はこれくらいの説明にしておきます。

 

※筋腱移行部や筋肉が癒着しやすい場所を治療してみてください。


 

ぜひ重度の腰痛やしびれ、ヘルニア、脊柱管狭窄症を治したい方は当院へご来店ください!

たすき整体院HP こちらをクリック↓

 

院長が代表としてセミナーを開催しております!こちらをクリック↓

 

 

 

 

 

診察予約は今すぐお電話で

080-2277-8675

【受付時間】8時~22時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※施術中は電話に出られませんので、留守番電話に自身のお名前と電話番号を入れて下さい。必ず折り返し致します。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。お名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。